FC2ブログ

全日本水道労働組合

未分類
12 /09 2018
全日本水道労働組合という組織がある。水道事業に関する日本中の公営企業や民間企業の職員、およそ2万人が加入している超巨大労組だ。
「水」は重要なライフラインだ。24時間、365日、日本中の水道を守るのは苛酷な仕事であり、だからこそ尊敬できる仕事だと私は思う。
彼らを束ねる組合なのだからさぞ立派な組織なのだろうと思ってホームページを見てみる。

これは全国水道労働組合のホームページに掲載されている活動ブログである。


全日本水道労働組合 活動ブログ

2017年3月17日 沖縄現地行動
http://zensuido.or.jp/wordpress/48/

全日本水道労働組合ブログ
(最後抜粋)
全水道は辺野古基地建設に反対し、沖縄の闘いを全国の仲間とともに取り組み、基地のない平和な沖縄をめざしていきます。
同時に、国による警察を大量動員しての違法・不当な弾圧を許さず、安倍政権の退陣を強く求めていきます。




いやいや、水道とは全く無関係のバリバリの活動家のブログだろこれ。
他にも水道とは無関係の真っ赤な声明が盛り沢山である。


2018年10月9日 安倍政権による憲法改悪を阻止し、民主主義を守る決議
http://zensuido.or.jp/wordpress/press-release/安倍政権による憲法改悪を阻止し、民主主義を守/

2017年7月29日 第10号議案 憲法改悪反対、民主主義を守り、沖縄辺野古新基地建設反対! 脱原発、反差別の取り組みを強化する決議(案)
http://zensuido.or.jp/wordpress/press-release/84/

2017年6月15日 共謀罪法案の「成立」に対する抗議声明
http://zensuido.or.jp/wordpress/60/


開いた口が塞がらない。
こんな奴らが日本の水道を牛耳っている訳だ。こりゃあ、安倍さんも外部に出したくなるわな。
あ、いかん…私はコンセッションの導入には反対だった。失礼した。
スポンサーサイト

全水道の専従組合員の利権

未分類
12 /08 2018
12月6日に水道法改正案が衆院で可決され成立した。
今後、老朽化した水道を維持できなくなった地方自治体がコンセッション法式を選ぶ可能性はある。
無論、地方自治体の議会承認が必要なので、そう簡単に外資に乗っ取られるとは思えないのだが、電力自由化を機に胡散臭いソーラー屋や風力発電屋が跋扈した例もあり、安全保障の面から考えると確かに「悪法」である。

だが、成立してしまったものは成立してしまったのだ。
感情的に悪口雑言を並べるより、冷静にメリットとデメリットを分析した方が現実的だろう。
以下が私なりの解釈である。

デメリット
・コンセッションで外資に水道運営を乗っ取られる可能性がある。
・その結果、公共意識が希薄になり、運営会社が利益追求のために水道料を値上げする可能性がある。

メリット
・水道利権に群がる専従組合員を引き剥がせる。
・外部から資金調達が可能になり老朽化した水道を維持できる。

これは全日本水道労働組合(全水道)からの声明文だ。

水道法の一部を改正する法律の成立に対する声明
http://zensuido.or.jp/wordpress/press-release/水道法の一部を改正する法律の成立に対する声明/

要旨はこうだ。
「俺たち以外に水道を任せるなんて許さねえ。利権は絶対に渡さねえ。」

悪法を通すという高い対価を支払ったのだ。
専従組合員から利権を引き剥がさなくてはならない。

8年前、北海道開発局の職員の半数以上でヤミ専従(職員が給与を受けながら職場を無断で離れて労組の検討会などを開くなど)労働組合活動をしている事が判り、大量の処分者が出た。

2010年3月23日 日経新聞
北海道開発局、「ヤミ専従」4100人処分 職員の65%、減給など
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2303J_T20C10A3CC1000/

北海道開発局ですらこのあり様だ。
完全にヤバい奴らの集まりだった国鉄の労組は民営化して多少はマトモになった。
全日本水道労働組合はどうなるだろう。

個人的な意見だが、今の時代に専従化し政治力を持った労働組合というのは本当に必要なのだろうか?
会社から不当な扱いを受けたのなら、労基へタレこめばいい。昔と違い、余程の大企業でない限り企業が労基に敵う事はない。
労働の対価が見合わないと思うのなら上司に「俺はこの仕事でこれだけの成果を出した。だから賃金を上げろ。嫌なら他所へ行く。」と交渉すればいい。
成果が出ていないのなら出せるように努力すればいい。
人手不足の時代、色々と危機感を煽る情報が飛び交うが、頑張っている者、成果を出している者にとっては売り手市場なのだ。

会社や政治家が素晴らしいとは言わない。「糞」みたいな面もある。
だがそれを批判する事でタダ飯を食っている奴を私は躊躇わずに「糞」と言う。

外国人を雇うリスク

未分類
12 /05 2018
12月3日 HTBニュース
40人以上の中国人と連絡取れず 知内町で就労
https://www.htb.co.jp/news/archives_2984.html

道南の木古内町で、在留期間を超えて滞在していたなどとして中国人11人が逮捕された事件で、
同じ建設現場で働いていた中国人40人以上と連絡が取れなくなっていることがわかりました。
11月26日、木古内駅前で複数の不審な中国人がいるのを警察官が発見し、不法残留などの疑いで中国人11人が逮捕されました。
逮捕された中国人の多くは隣の知内町の工事現場で働いていたということですが、工事を担当した会社によりますと、
中国人58人の在留カードのコピーを確認し、9月ごろから雇用し始めましたが、逮捕後に40人以上の中国人と連絡が取れなくなっているということです。
中国人の一部は「働いていた」などと話していて、警察は不法就労のあっせんなども視野に捜査を進めています。


以前より指摘されていた外国人労働者の「職場トラブル⇒行方不明⇒不法残留⇒不法就労」の問題だが、
こういうケースは他にも山ほどあるだろう。まだまだ氷山の一角に過ぎない。
警察も摘発に力を入れているが、入管法改正案が成立すれば今後もこういったニュースは増えると思われる。

さて、「不法就労」というのは外国人労働者が行うものだが、
実は悪意がなかったとしても雇用する側も処罰の対象になる事を皆さんはご存じだろうか?

入管法73条の2に「不法就労助長罪」というものがある。
不法就労させたり、不法就労をあっせんした者は3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処されるのだ。
これは、雇用した外国人が不法就労にあたることを「知らなかった」としても、過失がある場合には処罰の対象になる
これを防ぐためには下記の3点を必ず行っておく必要がある。

・在留カード(およびパスポート)の記載内容をコピーではなく原本で確認する。

・在留カード等番号失効情報照会を利用して偽変造や失効の有無を確認する。(入管のHPで確認できます)

・「就労資格証明書」を提出してもらう(在留カードの偽変造を見抜くため)

知内町の件は「在留カードのコピー」を確認したと書いてあるのだが、果たして本物の在留カードだったのだろうか。
もしこれが偽造カードだった場合、騙された雇用者側も罪に問われる恐れがあるのだ。

外国人を雇うという事は雇用側にもリスクがある事を認識しなくてはならない。
まあ、そもそも日本人を雇えばいい話なのだが。

【これが現実】北朝鮮の漂着船の対応

未分類
11 /30 2018
北朝鮮の木造船 処分進まず…松前小島漂着から1年 「国交ないので確認できず」 北海道
2018年11月28日 北海道ニュースUHB
https://uhb.jp/news/6524/

北海道松前町で北朝鮮の木造船が漂着しているのが見つかって11月28日で1年が経ちました。国交がないため木造船の処分は進んでいません
2017年、北海道の松前小島に北朝鮮の乗組員10人が乗った木造船が漂着し、船長が窃盗の罪で有罪判決を受け、強制送還されました。
当初裁判の証拠品だった木造船は、いまも函館地検が保管する状態が続いていて、函館地検では「国交がないので確認できず、処分に困っている」としています。
第一管区海上保安本部によりますと、北朝鮮からのものとみられる木造船は、2018年に入り63件と、2017年の10倍を超えています。
処分費用は道と国が全額補助することになりましたが来年度の予算になるため、当面処分は進まない見通しです。


北の工作員上陸の不安!? 松前小島木造船漂着から1年 急増の中道庁で合同訓練 漁業者と住民不安解消は
2018年11月28日 北海道ニュースUHB
https://uhb.jp/news/6530/

2017年、北海道松前小島に北朝鮮の男らが不法に上陸し島の物を盗み出した事件から11月28日で1年。北海道に漂着する木造船が再び急増するなか道庁では28日、日本海沿岸の自治体と、合同訓練を行いました。漁業者と沿岸住民の不安は解消されるのでしょうか。

新崎真倫記者 (2017年11月):「松前町の上空です。木造船を今、確認することができました」

道南の松前小島で北朝鮮の船が漂流しているのが見つかったのはちょうど一年前。

松前小島の管理人 吉田修策さん:「ぐちゃぐちゃもいいとこだ。蝶番(ちょうつがい)など、金目のものはほとんど全部ない!」

北朝鮮の男たち10人が島に侵入。発電機やテレビ、ドアノブに至るまでありとあらゆるものが根こそぎ盗まれました。

松前小島の管理人 吉田修策さん:「全部修復されたからね。この辺もきれいになって」

約800万円の被害を受けた漁師などが泊まる小屋は、全国から集まった寄付金で修復されました

松前小島の管理人 吉田修策さん:「長いようで短かった1年もう1年経ったのかってだけど気緩める暇ないこうやって毎日木造船が漂着すればまた北朝鮮が来るんじゃないかって、頭をよぎって離れない」

管理人の吉田さんは、最近再び木造船の漂着が相次いでいることに不安を抱いています。

海上保安庁によりますと今年、道内で確認された木造船は60件以上。6件だった去年の約10倍です。あまりにも数が多すぎて道の予算が底をつき来年度まで船を放置せざるを得ないのが現状です。そして何より、住民が不安を抱くのは…。

松前町民:「浜行っても周り見るもんね。波消しブロックあるでしょ(Q、北朝鮮の乗組員が隠れていると思う?)それを想像しちゃう。誰かいるんじゃないかと…」

知らぬ間に北朝鮮の乗組員が、"上陸"している可能性はないのでしょうか。ある専門家は…

 東海大学海洋学部 山田吉彦教授:「漂着した船に比べて、遺体や人が乗っていたケースがほとんどない。漂着した船の形状が残っていることを考えて、上陸した人がいても、おかしくないと考えます」

野呂有里記者:「漂着した木造船に関する情報を共有する訓練が行われています」

道庁で28日、木造船の漂着に備えた合同訓練が行われました。

日本海側の自治体が参加しましたが、船員の不法上陸までは想定しておらず、情報伝達の確認だけにとどまりました。

一方、相次ぐ漂着に、住民の不安は増しています。

松前小島の管理人 吉田修策さん:「また漂着したとなれば、乗組員がいるかもしれないと警戒して、空き家でもなんでも見回りしてくれなければ安心できない」

松前小島の事件から1年。急増する木造船の漂着に関係機関の連携が求められています。

北朝鮮の漂着船 石狩湾へ

未分類
11 /27 2018
以前から北朝鮮の漂着船が発見されたという話をしているが、未だに他人事のように考えている方が多い気がする。
その原因は場所が「都市部から離れている」からではないだろうか。
昨年11月、北海道の松前小島に北朝鮮木造船の船員10名が上陸し窃盗した事件が発生し逮捕された。
調べた所、そのうちの3名が結核に感染していることが判明し話題になった。

考えてもみて欲しい。
もし彼らが都市部に到達したらどうなるかを。


これは最近の漂着船が発見された日付と場所を地図に起こしたものだ。

もえるあじあ 【恐怖画像】北朝鮮木造船漂着、今月から道南日本海側に急増→地図にチェックしてみたら
http://www.moeruasia.net/archives/49618443.html

漂着船

とうとう石狩湾まで到達するようになった。
小舟を使えば、これほど簡単に誰にも見つからず都市部のすぐ近くまで来れるのだ。
皆、危機感を持つべきだ。


追伸
出張が続き、暫らくブログをアップできなかった。
ようやく落ち着いてきたのでまたぼちぼち書いて行こうと思う。

北海道の保守

北海道の保守です。
政治や経済に関するニュース等を北海道の保守の観点から取り上げ、私見を配信させて頂きます。
なるべく分かり易く纏めていきたいと思います。